入學面試時最常問的題目(下)  

 

    .畢業後的希望、計畫是什麼?  

              卒業後(そつぎょうご)の希望(きぼう)や予定(よてい)は?  

       例 : 我將來想向國際金融領域發展,另外還要學好英語,不只要瞭解日本
         親身體驗歐美各國的實情和經濟狀況。因為我想讓自己成為通用的國際人  

       例 : (わたし)は将来(しょうらい)国際金融関係(こくさいきんゆうかんけい)の分野(
           
)に進(すす)みたいのでまた、英語力(えいごりょく)も身()につけ、日本(にほ
        )けでなく欧米
(おうべい)の国(くにぐに)の実情(じつじょう)や経済状況(けいざ
           いじょうきょう
)も肌はだ )で知()りたいからです国際人(こくさいじん)しても
           通用(つうよう)する自分(じぶん)になりたいからです。
  

    九.如果被錄取了你會來唸嗎? 還同時報考了其他學校嗎?

              合格(ごうかく)したら入学(にゅうがく)する?併願校(へいがんこう)は?

       : 我已經考上A大學,但是貴校是我的第一志願,所以才來應試的。如果能被錄

         取,當然來貴校就讀。

       : A大学(だいがく)には合格(ごうかく)していますが、こちらの大学(だいがく)が第

           一志望校(だいいちしぼうこう)なので受験(じゅけん)しました。合格(ごうかく)できた

           、もちろんこちらの大学(だいがく)に入学(にゅうがく)します。

    

    十.你怎樣繳納學費和入學金(經濟來源)?

              学費(がくひ)‧入学金(にゅうがくきん)などの支払(しはら)いの方法(ほう

              ほう)(経済基盤(けいざいきばん))は?

       : 學費及生活費是由國內的父母親匯款給我。

       : 学費(がくひ)と生活費(せいかつひ)は国(くに)の両親(りょうしん)が仕送(しおく)りし

           てくれています。

 

    十一.你的專業科目考試和小論文考得怎麼樣?

                  学科試験(がっかしけん)や小論文試験(しょうろんぶんしけん)のでき

                  どう?

       : 因為是從沒想過的題目,所以不知該寫什麼好,結果只寫了還不到一半,時間

       到了。我正反省著自己不夠用功。

       : (いま)まで考(かんが)えたこともないテーマでしたので、何(なに)を書()いて

       いかわからず、結局(けっきょく)、半分(はんぶん)も書()けないまま、時間(じか)

       が来()てしまいました。勉強不足(べんきょうふそく)を反省(はんせい)しています。

 

    十二.你覺得你的朋友認為你是什麼樣的人?

                  自分(じぶん)は友人(ゆうじん)からどんな人物(じんぶつ)だと思(おも)

                  われている?

       : 朋友們都說我是“Go on my way”(走自己的路)的人,我認為自己其實是一

       很在乎一些小事並為之煩腦的那種類型的人。所以,我索性採取了“不管別人怎

       麼說,我走我的路”的態度,最近我覺得自己保持本來的樣子就好。

 

       :友人(ゆうじん)からは「Go on my way」の人間(にんげん)だと言()われるのです

       が、自分(じぶん)では結構(けっこう)いろいろ小(ちい)さいことを気()にして悩()

       むタイプだと思(おも)います。ですから、逆(ぎゃく)に「人(ひと)になんと言()われ

       ようと、わが道(みち)を行()く」という態度(たいど)をとっていたのですが、最近

       (いきん)ではあるがままの自分(じぶん)でいいんだと思(おも)うようになり

       ました。

 

    十三.父母是做什麼的? /  (おや)の職業(しょくぎょう)は?

       : 我父親做貿易工作,主要的客戶是日本。因此,從小開始,在一起吃飯或者其

       他時候,就從父親那裡聽到了日本的事情。於是自然而然對日本有了興趣,就想如

       果留學就去日本。

       : (ちち)が貿易関係(ぼうえきかんけい)の仕事(しごと)をしており、主(しゅ)な取引

       (とりひきさき)は日本(にほん)です。ですから、子供(こども)のころから、いっしょ

       食事(しょくじ)をしている時(とき)などに、父(ちち)から日本(ほん)のことを()

       いていました。それで、自然(しぜん)に日本(にほん)について関心(かんしん)を持()

       ようになりましたし、留学(りゅうがく)するなら日(にほん)だと思(おも)いました。

文章標籤
創作者介紹
創作者 勝治日本留學機構 的頭像
勝治日本留學機構

前進日本的任意門

勝治日本留學機構 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()